トキを呼ぶ田んぼ 自然栽培農家のつぶやき

  義援金の次に 私たちができること

本州最後のトキの営巣地 石川県輪島市三井町で自然農法 無農薬 天日干しで 安全なお米を作っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない生産者・見える生産者

先日のブログの腐らない米・実験準備からの気づき
で書いたように

近所では見つからなかった 
有機JAS米をネットで取り寄せ 今日到着した

新潟県 魚沼産 有機JAS 天日干し コシヒカリ
最高級のコシヒカリだろう

梱包を開けると
生産者の思いが伝わってくる

きっとこの生産グループは地域を愛し
地域の農業を集約し環境に優しい農業をしているのだろう
そんな思いが確実に伝わってくる

木村秋則さんの本を見てやってみたくなった
私の無肥料米と 有機JAS米と 普通の農薬の米の
長期置いて腐りの実験。

自分は未熟で安易な考えなのかと頭によぎる

有機JAS米と 普通の農薬の米が近所の農家さんで
知り合いなら実験をやろうと思っただろうか?

顔が見えないお米だから
気兼ねなく
比較しやすいのではないか?

そんな疑問が頭の中を駆け巡る

直売所で買った 普通の農薬の米だって
隣の田んぼのじいちゃんの米が
1粒入っているかもしれない

都会でも田舎でも
生産者の見えない米や野菜が多すぎる
それはパッケージという段階で
言葉を絞らなくてはいけないからだ

農協に卸していたら生産者の思いは
消費者には伝えられない

知人がブログでネットと
農業は相性が良いと言っていた

思いを伝えるのに制限がない。

取り寄せ米は高くつく
でも生産者の思いに伝え方の勉強としては
高くない

日本産→○○県産→○○市産→○○農場産に
シフトする時代こそ無農薬・有機JASより
生産者の思いが伝わり
本当の安心安全なのではないか

こんな「本当の安心安全に」共感出来るかも・・なんて方は
こちら↓をクリックしていただけると嬉しいです^^



米に環境への思いを込めて輪島エコ自然農園


スポンサーサイト

 | HOME | 

輪島エコ自然農園

Recent Entries

Appendix

新井 寛

自己紹介

好きなこと


虫・自然
西武ライオンズ
180センチ
虹・夕日・自転車

ソーストレーナー
(ワクワクして生きることで
その人が生き生きし社会に貢献して
生きることができる)

楽農家

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。