トキを呼ぶ田んぼ 自然栽培農家のつぶやき

  義援金の次に 私たちができること

本州最後のトキの営巣地 石川県輪島市三井町で自然農法 無農薬 天日干しで 安全なお米を作っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故か そこに現れる人

今日も
よい天気
気温は15℃だけど
カラッと
1日晴れました
今日の私の
考えところは
『水やり』
種をまいて
約半月
シートを
かけていたので
水は乾かず
適度に水分が
ある状態
ただ昨日は
シートをとり
1日晴れ
表面は乾いている
私が教わった
米の師匠は
苗の葉が1枚半までは水は基本やらないと
教わった
理由は
水を欲しがる
体質になるため

ただ枯れてしまいそうだったりの時は
例外。
今朝
苗を見てみると
表面が乾いている
苗箱がちらほら。
迷う
水を少しやってみた
こんだけ
丁寧に育てた苗
枯れさせたら
嫌だ
そんな思いからの
行動。
ただ師匠は
そうやって
農家は苗を
大事にし甘やかすと 言うのも
聞いていた

朝 水を少しやって
夕方また
保温の為
シートかけよう
そう思い
帰ろうかと
思うと
隣の田んぼの
じいちゃんが
来て
苗を見て
『水 たらんな』
私は
『根をはるため
水はあまり
やりたくない』と
話す
『そうか 1ヶ月後が 楽しみじゃな』と
じいちゃん。
家に帰り
(家から苗つくる
場所まで車で5分かかる)
不安になる
昼に見に行くかな。
そして
昼に見に行くと
結構カラカラ。
来て良かった。
じいちゃんと
話して良かった。


人は
出会うべきして
出会ってるんだな
ありがたい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sizennou.blog49.fc2.com/tb.php/216-545b14d1

 | HOME | 

輪島エコ自然農園

Recent Entries

Appendix

新井 寛

自己紹介

好きなこと


虫・自然
西武ライオンズ
180センチ
虹・夕日・自転車

ソーストレーナー
(ワクワクして生きることで
その人が生き生きし社会に貢献して
生きることができる)

楽農家

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。