トキを呼ぶ田んぼ 自然栽培農家のつぶやき

  義援金の次に 私たちができること

本州最後のトキの営巣地 石川県輪島市三井町で自然農法 無農薬 天日干しで 安全なお米を作っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえのこと【田の神様送り】

ユネスコ無形文化遺産に登録された
「田の神まつり」【あえのとこ】

毎年12月5日に「田の神様迎えの行事」と
2月9日に「田の神様送り行事」が
奥能登の各地で行われている

あえのことは昔は農家ごとに行われていたが
今は高齢化でなくなりつつある

12月5日の「田の神迎え」は、
主人が自家の苗代田に出かけ、
田の神を誘い、
茶の間のイロリばたへ導いてくる。
さらに風呂場へ案内、入浴していただき
その後、座敷の床の間に飾ってある
種もみの俵の座についていただく。
その間主人は、
「永いこと田を守ってくださいまして
ありがとうごぎいました。」と、
おもてなしをする。

田の神は、盲目神で、
主人はごちそうの内容をひとつひとつ説明し、
「どうぞごゆっくり召しあがって下さい。」
とあいさつをする。
以後、田の神様はこの家にお泊りになるとされ、
【今日、2月9日】になると、再び田へお送りする。
この日は雑煮餅を大きな椀に盛って供え、
「どうか今年も働いてください。」
と言って、家の表戸まで送り出す。


田舎に住むと銭湯に行っても
爺ちゃん世代ばかり・・・

伝統の継承も難しくなってきています

私とNPOと地域の方で
昨年12月に【あえのこと】を
見よう見まねで始めました

12月雨空の中、田んぼに神様夫婦を
お迎えに行った瞬間

青空に^^

嬉しかったのを思い出します

私たちの【あえのこと】
田んぼに神様を送りだすのは
2月20日の予定です

神事は心が煩悩が洗われます

【食への感謝】【おもてなしの心】
人として農家として大切なことを
思い出させてくれる神事です


「あえのこと」昔からの風習いいなと思った方

こちら↓をクリックしていただけると嬉しいです^^



無農薬米 輪島エコ自然農園
スポンサーサイト

 | HOME | 

輪島エコ自然農園

Recent Entries

Appendix

新井 寛

自己紹介

好きなこと


虫・自然
西武ライオンズ
180センチ
虹・夕日・自転車

ソーストレーナー
(ワクワクして生きることで
その人が生き生きし社会に貢献して
生きることができる)

楽農家

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。